メニュー
閉じる
大学院

医療科学研究科

科学的根拠と最新の専門的知識を修得した 高度な専門職の養成をめざします

医療科学研究科では、従来の修士論文作成をめざす科学研究コースの他に、高度専門職者をめざす課題研究コースを有しています。
課題研究コースでは、日頃の臨床実践のなかでのスキルアップをめざして、症例を基盤として取り組み、自らの臨床的推論ならびに臨床技術の向上をめざします。

在学生の声

アカデミックな視点は将来の自分の強み

病態運動学内部障害分野 M2 神戸平成病院勤務
小泉 美緒

本学学部在学中から、臨床・教育と並び、『研究』の重要性を感じていました。学部在学中に取り組んだ卒業研究を通じ、研究の基礎から臨床への応用方法をもっと学びたいと感じ、本学卒業後そのまま大学院修士課程へ進学しました。
入学当初は理学療法士1年目でもあり、仕事との両立など苦悩することも多かったです。しかし先生方に励まされ、大学院の仲間達と切磋琢磨しながらとても充実した日々を過ごしています。臨床で芽生えた疑問に対するアカデミックな視点は、学部からストレートで進学したからこそ得られたもので、将来の自分の強みにできるよう努めたいと思っています。

修了生の声

理学療法士としてのスタートライン

平成28年度 修了生/病態運動学内部障害分野 ポートアイランド病院 勤務
阿萬 大地

病院で臨床中心に取り組んでいた私は違った視点を求めて修士課程へ進学しました。各授業では医学的知識、研究の組み立て方、文献の検索方法、統計的手法などを学びました。また、専攻した内部障害特論では研究状況を報告し、教員と他の院生で検討し合いました。指導教員をはじめ先生方には研究以外の進路、臨床活動にも助言を頂き本当に充実した2年間でした。修士課程を修了し、ようやく理学療法士としてのスタートラインに立てた気持ちです。卒業後の今も、引き続きご指導頂いています。