メニュー
閉じる
大学院

医療科学研究科

科学的根拠と最新の専門的知識を修得した 高度な専門職の養成をめざします

医療科学研究科では、従来の修士論文作成をめざす科学研究コースの他に、高度専門職者をめざす課題研究コースを有しています。
課題研究コースでは、日頃の臨床実践のなかでのスキルアップをめざして、症例を基盤として取り組み、自らの臨床的推論ならびに臨床技術の向上をめざします。

在学生の声

関西電力病院 勤務

病態運動学分野 運動器障害2年次生
井上 大輔

理学療法士として経験を積むにつれ、さまざまな疑問が解決されないまま見過ごしていることに気がつき、入学を決意しました。論文に触れる機会が多くなったことで、臨床現場で生じた疑問を早く解決できるようになったと感じます。また、重要な基礎的な知識・技術を確認できたり、各分野の最新トピックスの講義もあり、患者さんを治療する上で役立っています。今後は私が理学療法士をめざすきっかけとなった「側彎症」に対する運動療法の有効性を示すことができるように研究に励んでいきたいと思います。

修了生の声

兵庫医科大学病院 勤務

人間活動科学分野 身体・認知活動 2018年度修了
梅地 篤史

仕事をしながら研究を進めていくことは予想よりもハードでしたが、先生方にアドバイスをいただきながら乗り越えることができました。10 年近く現場で働き、毎日接している患者さんのことを研究テーマにしたので、もっと簡単に進められると思っていました。経験を重ねてくると独りよがりの考えになることもありましたが、大学院でいろんな方と議論することで、自分を見つめ直せる貴重な時間になったと思います。今後は博士課程へ進学し、研究を続け、学んだことを患者さんへの訓練や職場の後輩指導などにも活かしていければと考えています。

教育訓練給付制度のご案内

本研究科は厚生労働大臣の指定講座になっております。
居住所にあるハローワークに申請すれば、教育訓練経費の20%(上限10万円)が支給されます。制度の詳細はハローワークHPでご確認ください。また、本研究科の実施内容は明示書をご確認ください。