メニュー
閉じる
教員紹介

教員紹介

共通教育センター 講師

上山崎 悦代(かみやまさき えつよ)

■担当科目/社会福祉学、チーム医療論演習など

学歴 龍谷大学 社会学部 社会福祉学科 卒業
龍谷大学大学院 社会学研究科 修士課程 修了
職歴 社会福祉法人郁慈会 特別養護老人ホーム郁楽苑 生活相談員
滋賀医科大学医学部附属病院 医療ソーシャルワーカー
帝塚山大学 心理福祉学部 地域福祉学科 助手
日本福祉大学 社会福祉実習教育研究センター 実習教育講師
日本福祉大学 福祉経営学部 助教
現職
学位 修士(社会福祉学):龍谷大学大学院
資格 社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員

受験生の皆さんへ

「ふつうに くらす しあわせ」の頭文字をつなげると「ふくし:福祉」になります。社会福祉は、普通とは、暮らしとは、幸せとは何かを、社会科学の視点から捉えようとします。少し難しく感じるかもしれませんが、医療も福祉も、健やかな暮らしや人々の幸せをめざしている点でとてもよく似ています。近年では、医療や福祉の様々な職種が連携すること、そして、チーム医療を推進することが当たり前になっています。医療職をめざす皆さんにも、福祉に対する理解を深め、チーム医療を推進する人材になってほしいと思います。

研究テーマ

主な研究テーマは、「終末期ケアにおける多職種連携教育のプログラム開発と評価」です。人生の最終段階を支える終末期ケアでは、多様な価値観の導入が必要だと言われており、多職種で連携・協働する力が求められます。多死社会を迎える中、終末期ケアは喫緊の課題です。質の高い終末期ケアの構築をめざし、現任者向けの教育プログラムの開発や、ソーシャルワーカーの終末期ケアへの参画のあり方などを研究しています。

  1. 1. IPEプログラム開発・試行および評価
  2. 2. IPWにおけるソーシャルワーカーのコンピテンシー
  3. 3. 医療ソーシャルワーカーの専門職性
  4. 4. 災害時におけるIPWと減災・防災への展開