メニュー
閉じる
チーム医療への取り組み

相互理解プログラム

他学部の専門分野を知る相互理解プログラム

チーム医療を実践する上で重要な、他職種の専門性への理解。本学では「相互理解プログラム」として、各学部の専任教員がその専門領域を他学部の学生に講義する科目が設けられています。各専門領域のスペシャリストが身近に存在しているという医療総合大学のメリットがここでも活かされています。

薬学概論

(看護学部・リハビリテーション学部の学生対象)

医療現場や社会全般での薬剤師・薬学人の役割について、その成果と将来の展望を交えながら基礎知識を学びます。

看護論

(薬学部・リハビリテーション学部の学生対象)

さまざまな健康レベルの人の健康回復の支援を行う看護職者。その背景や、実践的取り組み、医療における役割や機能について学びます。

総合リハビリテーション論

(薬学部・看護学部の学生対象)

リハビリテーションにより社会復帰を可能にしている医療現場の状況や、リハビリテーション専門職とその知識や技術について理解を深めます。