メニュー
閉じる
チーム医療への取り組み

合同教育プログラム

学部の枠を超えた合同教育プログラム

チーム医療で欠かすことのできないのが「他職種への理解」と「コミュニケーション能力」。兵庫医療大学では、その素地を養うため、学部の枠を越えた「合同教育プログラム」を積極的に取り入れています。入学早期から4年次まで、段階を踏んで取り入れられる合同授業は、他分野専門領域を理解するとともに、医療人としての自覚と責任感を育みます。

教育プログラムのプロセス

  • 01. 医療人としての自覚を持つ
  • 02. チーム医療について知る
  • 03. チーム医療への実践力を養う
兵庫医科大学・大学病院との連携

本学は兵庫医科大学の兄弟校であり、教育・研究において密接につながっていて、互いに育ち合う体制を取っています。
合同教育プログラムは、その関係が活かされた内容となっています。

01. 医療人としての自覚を持つ (医療科学概論/1年次)

医療概論[3学部4学科合同]

医療専門職をめざす者として、知識や技術、倫理観を修得していくための基礎を固めます。医療の歴史や医療制度などの理解を深めながら、医療のあるべき姿を学んでいきます。

早期臨床体験実習[3学部4学科合同]

3学部合同で1年次の夏休みまでに兵庫医科大学病院の見学実習を行います。実習では、3学部混成による少人数グループで、それぞれ病棟、薬剤部、リハビリテーション部など病院内各施設を回り、説明を受けます。実際に患者さんが療養されている病院で学生全員が体験実習を行えるのは、医科大学病院を併設する医療総合大学の強みです。入学後間もない段階でこのような体験をすることで、今後の各専門課程を学習するモチベーションが向上します。

共同学習[3学部4学科+医学部合同]

兵庫医科大学の医学部生が兵庫医療大学へ来学し、4学部合同グループ学習を行い「チーム医療」を体験します。グループ学習では、全学部混成の少人数グループを編成し、自分たちでさまざまな問題点を見つけ、調査、討論を通じて問題を集約し、その内容を他者に説明できる総合的な学習能力を養います。医学部生とともに学ぶことで「チーム医療」の一員としての意識を高め、将来のチーム医療実践に向けた幅広い視野とコミュニケーション力を身につけます。

02. チーム医療について知る (チーム医療概論/2年次)

医療専門職者によるオムニバス講義

チーム医療の概要を理解した後は、その具体的内容や意義について学びます。各学部の専任教員や兵庫医科大学病院の現職の医療職者が、医療現場の実際についてオムニバス形式で講義するとともに、チュートリアル学習で理解を深めます。

チュートリアル学習について

チーム医療において必要なこと。それは、医師や看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士などの医療専門職者が、それぞれの領域で責任を果たすとともに、お互いの職域と専門性を理解し尊重しあうことです。チュートリアル学習では学部混成のグループを編成し、コミュニケーションをとりながら他職域への理解を促します。

03. チーム医療への実践力を養う (チーム医療論演習/4年次)

現職医療専門者から具体事例を学ぶ

チーム医療について、さらに深く理解します。兵庫医科大学病院の現職医師や看護師、薬剤師などが、最先端の医療や生命医療倫理、医療安全管理など様々なテーマについて臨場感あふれる具体的事例を挙げながら講義を展開します。医療全般に関する理解と、専門領域の知識を深めます。

ロールプレイミング学習で実践力に結びつける

チーム医療についての学びの総括は、チームカンファレンス学習です。学部混成グループを編成し、それぞれの医療専門職者の立場として、患者さんの治療計画等をロールプレイング形式で討議します。各学部の専門教育で学んだ知識を持ちより、コミュニケーションをとりながら実践力を高めます。
グループは医学部を含めた4学部で編成し、臨場感を持ったロールプレイング学習を展開します。