メニュー
閉じる
チーム医療への取り組み

兵庫医科大学との連携

現場での学びを大切に、
互いに育ちあう教育体制

本学は同一法人内に兵庫医科大学、兵庫医科大学病院、兵庫医科大学ささやま医療センターがあり、医科大学を兄弟校として持つ日本でも数少ない医療総合大学です。兵庫県西宮市で40年余りの歴史をもつ兵庫医科大学と本学は、研究・カリキュラムにおいて密接につながり合い、互いに育ち合う教育体制を整えています。実際の医療現場での豊富な実習経験と、人的交流が「チーム医療」への意識を育てます。

兵庫医科大学グループ連携で
就職にも強い実践教育を

兵庫医療大学

薬学部、看護学部、リハビリテーション学部(理学療法学科、作業療法学科)の3学部4学科を擁する「医療総合大学」です

兵庫医科大学

1972年の開学以来、学生教育、医学研究、先端医療の発展に寄与し続けています

兵庫医科大学病院

県内最多の病床数を誇る地域の中核的医療機関。高度先進医療を担う基幹病院です

兵庫医科大学
ささやま医療センター

地域医師と連携を取りながら丹波篠山地区の医療を支える基幹病院です

大学病院での実習

兵庫医科大学病院・ささやま医療センターおよび関連施設を実習の施設として活用し、実際の医療現場を肌で感じながら学び、実践的な経験を積むことで、より質の高い医療専門職者の育成を可能にします。

医学部生との学び

3学部+医学部で学部混成グループ学習を行います。
また、両大学合同で活動するクラブやサークルがあり、活発な交流が行われています。

共同研究

兵庫医療大学内に「先端医薬研究センター」を設置。両大学間の共同研究の拠点として、医薬、医療に関する先端医療研究を行います。

現職医療専門職者の講義

臨床経験豊富な兵庫医療大学各学部専任の教員陣に加えて、兵庫医科大学病院などで臨床に携わる現職医師、薬剤師、看護師、理学療法士、作業療法士が講義や実習において学生を指導。将来を見据えた実践的な教育を実現します。

連携を活かした学び