メニュー
閉じる
生涯のキャリア形成

各分野で活躍するセンパイ【理学療法学科】

大学院で内部障害分野の研究を継続
学びと仕事の相乗で高みをめざす

リハビテーション学部 理学療法科

三島 淳一(2012年度卒業)

兵庫医科大学病院 リハビテーション部勤務

三島 淳一

在学中

理学療法士の
奥深さを知った学生時代

サッカーをしていた中学・高校時代にけがの治療を通して理学療法士と出会い、その仕事に興味を持ちました。そして、同一法人に兵庫医科大学病院があり、実践的な医療を学べる環境があることにひかれて兵庫医療大学に入学。学びを深めていく中で、スポーツ以外にも病院や高齢者の方に向けた分野もあり、理学療法士は人々の生活に広く関われる職業だと知りました。在学中に印象に残っているのは他学部とのグループ学習で、医学部生が自分とは異なる角度から意見を話していた姿が刺激的でした。専門性の違う医療分野を学ぶ学生と議論できた経験は、病院で勤務する現在に生きています。

卒業後
1~2年

臨床と研究の
相乗効果を実感

卒業後は兵庫医科大学病院にレジデントとして就職。1〜2年目はすべてのチームを廻り病院における理学療法士としての仕事を学びました。心臓や呼吸といった目に見えにくい内部障害チーム、脳というデリケートな部位を扱い早期対応が重要な脳卒中チーム、緊急性の高い救命救急チームなどに所属し、それぞれで貴重な体験を重ねました。また、就職と同時に兵庫医療大学大学院に進学して、学生時代に学んでいた内部障害分野の研究を継続。臨床と研究を同時期に行うことが相乗効果を生み、多くの学びを得ることができました。

卒業後
3年~

学び続ける
理学療法士をめざして

兵庫医科大学は地域医療の中核を担う大病院なので、さまざまな症例の患者さんに関わることができます。時には難しい判断を迫られることもありますが、日々大きなやりがいを感じながら働いています。3年目からは後輩を指導する機会も増え、彼らの目標になれるような理学療法士をめざしています。大学院は修士で卒業しましたが、今後も臨床に寄与するテーマを研究し続ける理学療法士でありたいと思います。

高校生のみなさんへ

高校生のみなさんへ

理学療法士は学生時代に勉強することが多く、就職後も日々学び続けることが必須なので大変に感じるかもしれませんが、情熱をかけて学んだことは確実に糧となり成長できます。患者さんに感謝される機会も多く、人とのつながりを感じながら働くことができる素晴らしい職業です。患者さん一人ひとりに全力で向き合っていく理学療法士を一緒にめざしましょう!