メニュー
閉じる
各分野で活躍するセンパイ【薬学部】

各分野で活躍するセンパイ(薬剤師)

臨床と大学院での学びを両立し研究者的な視点を持った薬剤師に

薬学部 医療薬学科

上田 昌宏(2012年度卒業)

兵庫医科大学ささやま医療センター勤務

島袋 翔太

在学中

学び続けることを
決意させた研究室体験

兵庫医療大学を選んだ理由は、「チーム医療」を学べることと兵庫医科大学を兄弟校に持つことに魅力を感じたからです。専門性の高い授業が面白く、意欲的に学ぶことができました。4年次のグループ学習では、看護学部やリハビリテーション学部の学生がすでに実習経験を豊富に持つことに圧倒されましたが、それが良い刺激となって5年次での病院・薬局実習に積極的に取り組むことができました。また研究室配属では、実験が多くできる環境に身を置きたいと思い創薬化学研究室に所属。創薬研究の面白さに触れて卒業後も研究を続けていきたいと思うようになりました。

卒業後
1年~

集中治療室(ICU)で
他職種と協働

卒業後は兵庫医科大学病院薬剤部に就職。大学での学びを生かして「チーム医療」を実践できる点が魅力的でした。大学院進学を考えていたので、同一法人であり、研究の連携がとりやすい環境にあることも兵庫医科大学病院を選んだ理由です。調剤業務を学んだ後に集中治療室(ICU)を担当。他の医療専門職とともに働き、患者さんへの薬剤投与設計や治療効果や副作用の確認など、薬の専門家としての役割を担いました。多職種でチームを組んで治療方針を決め、患者さんが元気になられた時の喜びは格別でした。

卒業後
2年~

勤務しながら母校の
大学院に進学

卒業後も研究を続けたいという気持ちを持ち続け、兵庫医療大学大学院に進学。創薬化学研究室に所属して田中明人先生のもとで抗がん剤に関する研究を行いました。勤務と研究の両立は大変でしたが、論理立てて物事を考える経験は臨床現場でも役立っているように思います。

卒業後
5年~

研究者視点を持つ
薬剤師として

5年目で同一法人の兵庫医科大学ささやま医療センターの薬剤部に異動し、調剤や調製業務、病棟患者さんへの投薬説明など担当業務が広がりました。前職場と同じく広い視野が必要な現場で、今までとはまた違った業務に新たなやりがいを感じています。大学院では博士課程4年目となり、研究成果の発表や論文投稿などに取り組んでいます。兵庫医療大学で得た経験を生かして研究者的視点を持つ薬剤師として日々症例に向き合っていきたいです。

高校生のみなさんへ

高校生のみなさんへ

私は兵庫医療大学・大学院で「チーム医療」の学びや研究など、多くの経験を積むことができました。指導熱心な先生方が多く手厚い教育支援制度が整っているので、真剣に学びたい人には最適な環境だと思います。ぜひチャレンジしてください!