メニュー
閉じる
生涯のキャリア形成

各分野で活躍するセンパイ【看護学部】

チーム医療の学びを生かして救急の
現場で力を発揮できる看護師に

看護学部 看護学科

山下 季実香(2014年度卒業)

兵庫医科大学病院 救命救急センター

山下 季実香

在学中

医療総合大学ならではの
幅広い人間関係

私自身が生まれた兵庫医科大学病院で看護師として働きたいと思い、同一法人である兵庫医療大学を志望しました。入学後すぐ、兵庫医科大学の医学部生を含めた合同学習の場で「チーム医療」の重要さを実感することになりました。在学中には、実習の疑問をリハビリテーション学部の友人に相談したり、国家試験の勉強を薬学部の友人に見てもらったり、サークルや文化祭の実行委員などの課外活動を通して学部を越えた出会いが多くあり、医療総合大学ならではの充実した学生生活を送ることができました。

卒業後
1~2年

救急の現場で
チーム医療の学びを生かす

憧れていた兵庫医科大学病院に就職し、さまざまな経験を積んで成長したいという思いから救命救急センターを希望。しかし現場のスピードは速く、毎日予測できないことが起こり、新人時代は仕事についていけずにあっという間に時間が過ぎていきました。だからこそ同じ職場に大学時代の先輩がいてくれたことが本当に心強かったです。また、在学中に「チーム医療」を学んで他医療専門職への知識を持っていたので、問題が生じた時にも誰に何を聞けば解決できるかがわかり、スムーズに対応することができました。救急は特に他医療専門職と連携する機会が多いので、大学での学びをすぐに生かすことができました。

卒業後
3年~

先輩看護師として
スキルアップをめざす

3年目に入り中堅ポジションとなった今、責任も業務も増えましたが、仕事のやりがいはますます大きくなっています。そして新人を教育する立場になって、後輩を育てるためには自分自身の継続的な学びが大切だと実感しています。兵庫医科大学病院には医療人育成研修センターという部署があり、認定看護師による研修など、働きながらさらに学びを深められるスキルアッププログラムが多数用意されています。自分のためにも後輩のためにも、これからは積極的に参加していこうと思っています。

高校生のみなさんへ

高校生のみなさんへ

大学時代はさまざまな経験ができる貴重な時間です。看護学部だけでなく他の医療専門職をめざす友人にも出会えるのは、医療総合大学である兵庫医療大学ならでは。みなさんもぜひ兵庫医療大学で積極的な学生生活を送ってください!