メニュー
閉じる
グローバル教育への取り組み

北京中医薬大学 短期留学プログラム

(中)北京中医薬大学短期留学プログラムについて

【対象学部:全学科】
「北京中医薬大学短期留学プログラム」とは、約10日間の日程で、兵庫医療大学の在学生が中国の国立北京中医薬大学へ留学を行う海外研修です。本プログラムは、本法人(学校法人 兵庫医科大学)と中国孔子学院本部が共同設立している「学校法人兵庫医科大学中医薬孔子学院」、及び兵庫医療大学の共催事業として平成25年度より実施しています。

北京中医薬大学とは

北京中医薬大学は、中国伝統医学を学ぶための高等教育機関として、高度な中医師・鍼灸推拿医師や研究者の養成、中医薬大学や中医薬病院の管理者養成、伝統中医薬事業の振興と発展等を目的に、中国で最初に設立された名門国立大学です。中医薬総合大学として医療系の9学部を擁しているほか、附属病院として、北京市内に東直門医院、東方医院、望京医院を併せ持ちます。

プログラム概要

本プログラムの目的

  • 中国における伝統医学・薬学(中医薬学)の教育・研究・診療の実際を通し、現代医療における伝統医薬学の役割を理解する。
  • 北京中医薬大学の教育現場および附属病院の診療現場を見学することにより、「漢方専門薬剤師としての役割と活動」について理解する。
  • 中国での伝統医学と現代医学が両立した特有な医療・福祉システムを体験することにより、日本の医療・福祉の現状、問題点などについて考える契機とする。
  • 異文化に触れることにより、グローバルな視野と国際感覚を育み、今後の学習の糧とする。

プログラム内容例(※下記の情報は過年度のものです)

  • 中医薬学、中医学史、中医学概論の講義
  • 鍼灸治療の講義・実習体験、太極拳体験
  • 北京中医薬大学 東方医院(附属病院)、同仁堂薬局、北京中医薬大学国医堂、博物館などの見学
  • 学生交流
  • 万里の長城、天壇公園など世界遺産の見学

等々