メニュー
閉じる
学生生活

貸与奨学金の返還について

奨学金は、在学期間中に在学生へ貸与したものであるため、卒業後は必ず返還の義務が生じます。この返還金により、今後も引き続き在学生に対して奨学金として貸与していくことができますので、返還が滞ってしまうと、貸与奨学金制度そのものが破綻してしまい、多くの後輩が困る事態となってしまいます。従いまして、最後まで責任を持って、必ず所定の期日までに返還してください。

以下、奨学金の返還についてご案内します。

対象奨学金

  • 日本学生支援機構奨学金
  • 兵庫医療大学貸与奨学金

日本学生支援機構奨学金返還について

日本学生支援機構奨学金の貸与を受けていた方で、災害・傷病・経済困難・失業等によって奨学金の返還が困難になった場合、あるいは大学、大学院等に在学している場合は、願出により奨学金の返還期限を猶予する制度があります。

返還に関するお問い合わせは、日本学生支援機構奨学金となりますので、こちらからご参照ください。

兵庫医療大学貸与奨学金返還について

返還方法について

返還方法 口座振替(引き落とし)により行います。
口座振替日 毎年12月27日
※振替日が金融機関の休業日の場合は、翌営業日を振替日とします。
返還開始年 返還は、卒業後6カ月を経過した年より開始します。初回の振替日は、卒業した年の12月27日となります。
返還開始通知 卒業年の11月頃、「返還開始通知」を本人宛に送付します。振替開始日、振替口座、返還年賦額等を通知しますので、内容に不備がないか必ず確認してください。
振替案内 奨学金の返還が完了するまで、毎年1回(11月頃)、残額と振替額を記した「振替案内」を本人宛に送付します。
振替日に残高不足等で振替不能にならないよう、注意してください。
返還完了通知 返還が完了したときは、「返還完了通知」を本人宛に送付します。

※約束どおりの返還が困難になった場合は、必ず大学まで連絡してください。

返還期限猶予

奨学生であった者が、在学または傷病により就労できない等の事由により返還が困難になった場合、願い出によって奨学金の返還期限が猶予されることがあります。返還期限猶予を希望する場合は、返還期日の2カ月前までに所定の書類を提出し、速やかに手続を行ってください。願い出は1年単位になります。

返還免除

奨学生であった者が死亡したときは、その奨学金の返還未済額の全部又は一部の返還を免除することがあります。
奨学金の返還免除を希望する場合、連帯保証人は速やかに所定の手続きを行ってください。

繰上返還

奨学金の一括返還を希望する場合は、一括返還を希望する年の振替日の2カ月前までに、所定の手続きを行ってください。

変更及び願出・届出

本人及び連帯保証人、保証人の情報に変更があった場合は、必ず届け出てください。届け出がない場合、本学からの重要なお知らせが届かなくなる等、不利なことが生じる可能性があります。

各種願出用紙

各種願出用紙は、下記からダウンロードしてください。

お問い合わせ先

兵庫医療大学 学生支援課
  • 078-304-3007