メニュー
閉じる
入試情報

入試TOPICS

【TOPICS 1】
大学入試センター試験利用入学試験(面接併用型)を導入

平成30年度入試から、大学入試センター試験の成績と面接を併用した一般入学試験を実施します。
学力試験による知識に加えて、表現力・思考力等を含めて総合的に合格者判定を行う入試方式です。

学力

大学入試センター試験2科目

※理数系科目を中心とした得意科目2科目の得点が活用できます。

表現力・思考力等

個別面接試験

※課題についての思考力、自己の考えをプレゼンテーションする表現力、
 面接官との質疑でのコミュニケーション力等が求められます。
 さらに、受験生自らが自己アピールできるチャンスにもなります。

合格までの流れ

【TOPICS 2】
大阪と岡山で受験が可能!

神戸まで、やや遠方に感じる方も、地元により近い入学試験会場で受験することが可能です。

学外試験会場

大阪

河合塾 上本町校(地下鉄 谷町九丁目駅・近鉄 大阪上本町駅 周辺)

岡山

おかやま西川原プラザ(JR西川原駅 周辺)

対象となる入学試験日程

一般入学試験(前期A日程・前期B日程)

【TOPICS 3】
Web出願でいつでも出願可能!

兵庫医療大学は全ての出願がWeb出願です。

カンタン、便利 Web出願

  • 入学願書を取り寄せる必要がありません。
  • 入学検定料の支払いについては、各種収納機関を利用して、24時間いつでも支払いが可能です。
  • 出願に必要な入力情報についてチェックを行うため、記入もれや出願内容の不備がありません。

【TOPICS 4】
奨学金制度でサポート

入学から卒業までがんばるあなたをサポート

兵庫医療大学では、強い意欲を持って学習に励む学生の努力に応える奨学金制度を設けています。所定の入学試験成績上位者の初年度学費を一部免除する「入学生特別奨学金」制度や学年ごとに成績上位者を毎年選考し学費を一部免除する「在学生特別奨学金」制度、返済免除制度のある病院奨学金、給付タイプの奨学金など奨学金制度が充実しています。

入学生特別奨学金

入学時

入試(※)成績上位者の初年度学費を一部免除
※一般入試(前期A日程)およびセンター試験利用入試(学力重視型)が対象

次年度以降

成績上位を維持すれば学費の一部免除を継続

免除額

薬学部:60万円 看護学部・リハビリテーション学部:50万円

在学生特別奨学金

すべての学生がチャレンジできる!

毎年選考し成績上位者の学費を一部免除
(免除額は、入学生特別奨学金と同額)

【TOPICS 5】
返済免除有の奨学金

兵庫医科大学病院奨学金(返済免除有)

貸与対象 看護学部に在籍する学生で、卒業後、兵庫医科大学病院(ささやま医療センター及びささやま老人保健施設を含む)において、看護師または助産師の業務に従事する意思のある学生
貸与人数 40名
貸与期間 最大4年間(修学期間内)
貸与金額 40万円(1年間)
利  息 無利子
返還免除 大学卒業後1年以内に看護師国家試験または助産師国家試験に合格し、兵庫医科大学病院(ささやま医療センター及びささやま老人保健施設を含む)において、看護師または助産師の業務に一定期間従事したとき。(就業期間により免除額は変動する)

兵庫医科大学ささやま医療センター奨学金(返済免除有)

貸与対象 看護学部に在籍する学生で、卒業後、兵庫医科大学ささやま医療センター(ささやま老人保健施設を含む)において、看護師または助産師の業務に従事する意思のある学生
貸与人数 5名
貸与期間 最大4年間(修学期間内)
貸与金額 50万円(1年間)
利  息 無利子
返還免除 大学卒業後1年以内に看護師国家試験または助産師国家試験に合格し、兵庫医科大学ささやま医療センター(ささやま老人保健施設を含む)で看護師又は助産師業務に一定期間従事したとき。(就業期間により免除額は変動する)

2017年4月現在の制度です。年により、変更となる可能性があります。

【TOPICS 6】
給付タイプの奨学金

兵庫医療大学給付奨学金

給付対象 経済状況 日本学生支援機構奨学金の貸与を受けてもなお、経済的に困窮している学生を対象
学業成績 卒業、国家試験合格、就職できるような学生を支援するため、正規に進級し、各学部学科学年の上位50%の成績を修めている学生
給付人数 薬学部 4名
看護学部 3名
リハビリテーション学部 3名
給付期間 薬学部 第4学年次~第6学年次
看護学部 第3学年次~第4学年次
リハビリテーション学部 第3学年次~第4学年次
給付金額 年額36万円
  • 兵庫医科大学病院奨学金およびささやま医療センター奨学金との併用は認めるが、入学生・在学生特別奨学金との併用は認めない
  • 2017年4月現在の制度です。年により、変更となる可能性があります。