メニュー
閉じる
大学案内

3つのポリシー

学部全体

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

学校法人兵庫医科大学の建学の精神ならびに本学の教育理念・目標のもとに、人間への深い愛と豊かな人間性を持ち、幅広い知識と優れた技術を備え、社会とともに医療を担う医療専門職者の資質をもった学生に学位を授与します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

幅広い教養と心豊かな人格の育成・関連分野とのボーダレスな教育環境のもと専門性の高い知識と技術の修得・優れたコミュニケーション能力を基礎としたチーム医療を担える資質の育成・次世代の医療科学を担う創造性と国際性の涵養が、可能になるように教育課程を編成します。大学での学びに必要な学習方法や基本的能力を修得する科目および医療専門職者として必要な専門領域以外の自然科学、人文科学、語学などの多彩な教養科目を開講します。チーム医療関連科目をはじめとする専門科目を体系的に編成し、講義、演習、実習等を適切に組合せた授業を開講します。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

学校法人兵庫医科大学の建学の精神ならびに本学の教育理念を理解し、主体性をもって学び医療専門職者を志す学生を求めています。このような学生を適正に選抜するために多様な選抜方式を実施しています。また、高等学校までに修得すべき基本的な「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」は学力試験などで判断します。


薬学部

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

本学部所定のカリキュラムを修了するとともに、以下の資質を身につけた学生に卒業を認定し、学士(薬学)を授与します。

  1. 1.幅広い教養と豊かな人間性を持ち、医療専門職者に必要な倫理観、使命感、責任感を有する。
  2. 2.チーム医療の一員として、他の医療専門職者とコミュニケーションを取り、互いの立場を理解し尊重しながら、薬剤師として貢献することができる。
  3. 3.十分なコミュニケーション能力を有し、患者の病態のみならず心理的・社会的背景を理解したうえで薬物治療を実践することができる。
  4. 4.「医薬品・化学物質」と「生体・環境」およびその相互作用について正しい知識を身につけ、さらにそれを応用する技能を有する。
  5. 5.西洋医学および東洋医学に基づく安全かつ有効な薬物療法を主体的に実施するために必要な薬学的管理を実践する能力を有する。
  6. 6.地域の医療・保健・福祉に関する知識と、それを地域住民の健康増進、公衆衛生の向上に結びつける能力を有する。
  7. 7.研究活動に取り組む意欲を有し、研究課題を発見し解決する基本的能力を有する。
  8. 8.世界の医療・科学技術の進歩に迅速に対応できるよう、生涯にわたり自ら学び続けることができる。
  9. 9.次世代の医療を担う人材を育成し、医療の継続的な発展に貢献するため、後進を指導する意欲と態度を有する。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

「薬学教育モデル・コアカリキュラム(平成25年度改訂版)」に準拠した授業科目と本学が独自に設定した次の授業科目を組み入れた特色あるカリキュラムを編成します。

  1. 1.幅広い教養と豊かな人間性を涵養する科目
  2. 2.薬剤師に必要な倫理観、使命感、責任感を涵養する科目
  3. 3.薬学の専門的知識・技能を活かし、チーム医療の中で、連携協力し合う能力を培う統合科目
  4. 4.薬物治療を実践するために薬剤師に必要なコミュニケーション能力を養成する科目
  5. 5.基礎薬学から実践的な医療薬学まで、薬剤師として必要な知識、技能を養成する科目
  6. 6.地域の医療、保健、福祉に関する知識を修得し、地域住民の健康増進、公衆衛生向上に結び付ける能力を養成する科目
  7. 7.医療や科学技術の発展に貢献できる研究能力と、生涯を通して学び続ける自己研鑽能力を養成するための科目
  8. 8.次世代の医療を担う人材を育成し、医療の継続的な発展に貢献するため、後進を指導する意欲と態度を養成するための科目
編成方針

初年次は、全教育課程を全うするために必要な学習諸要素を修得する機会を提供する。薬学専門科目を学ぶ基礎としての高大接続科目を初年次の初めに配置する。人文科学、社会科学、自然科学などの教養科目は低学年次に修得させる。
低学年次から高学年次にわたり医療専門職者としての意識づけや態度教育を行い、チーム医療科目やコミュニケーションに関する科目は複数年次にわたって継続的・発展的に編成する。 専門科目はキャリアイメージを早期に確実なものとするために、初年次から開始し、段階的に能力を各年次において発展させるべく編成する。
薬剤師業務の基礎的知識、技能、態度が修得できるよう4年次に実務実習事前学習や共用試験を受験させ、その試験に合格後、5年次に5か月間にわたる薬局実務実習および病院実務実習を履修する。4年次後半より研究室配属を行い、実験・研究を通じて問題解決能力、自己研鑽能力、後進を指導する意欲と態度を養成する。さらに、最終学年次には、6年間の学修内容を統合的に連携付けさせる総合演習科目を配当する。

実施方針

学習効率の向上および能動的学習態度の形成、コミュニケーション能力の育成などを目的として、講義・演習・自己学習の他に、グループ学習、問題基盤型学習、チーム基盤型学習など参加型学習を積極的に取り入れる。技能・態度の修得を目的に、実習科目を取り入れる。さらに、授業科目に関連する医療施設・薬事衛生施設・企業の見学、学識経験者や薬害患者などの招聘講義、医療専門職者・模擬患者の授業参加を取り入れる。

成績評価方法

紙面での試験、レポート評価のほか、技能・態度の評価(形成的評価を含む)、ピア評価、口頭試問、プレゼンテーションなど多角的な視点で評価する。病院・薬局実務実習に関しては、技能・知識の評価に加えて、医療専門職者となるための心構えを含めた、マナー、積極性、探求心、協調性、社会的常識などの獲得に関しても評価する。研究実習・研究研修に関しては、研究活動、研究発表、研究論文に関するルーブリック評価表を作成して評価する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

薬と生体についての「専門的な知識」、薬を正しく取り扱うことのできる「正確な技術」、および、他者との「コミュニケーション能力」 を身につけた人を育てます。さらに、多様な専門職者からなる医療チームの中で、身につけた知識、技術、コミュニケーション能力を活かして活躍し、人の健康と幸福のために尽力し、社会の発展に貢献する意欲を持った薬のプロフェッショナルを育成します。
したがって、目標とする<将来の自分像>を持ち、以下の<必要な素養と能力>を有している人を求めます。

将来の自分像
  1. 1.薬剤師として病院や薬局などでチーム医療や地域医療に貢献する。
  2. 2.医薬品の研究・開発や販売を通して企業などで広く医療に貢献する。
  3. 3.薬学研究者・教育者として研究機関や大学などで活躍する。
  4. 4.薬事・衛生行政に関わり、国や地方自治体で活躍する。
必要な素養と能力
知識・技能
  • 薬学を学ぶための高等学校卒業レベルの基礎的な学力がある。
思考力・判断力・表現力
  • 根拠に基づいて論理的に考え、判断し、行動できる素養がある。
  • 自分の考えを人に分かりやすく伝えることができる。
主体性・多様性・協働性
  • 目的意識を持って自ら学び続けることができる。
  • 相手の話をよく聞いて理解し、柔軟に対応しようとする姿勢がある。

看護学部

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

本学部所定のカリキュラムを修了するとともに、以下の資質を身につけた学生に卒業を認定し、学士(看護学)を授与します

  1. 1.人間および生命の尊厳に対して真摯に向き合うことができる。
  2. 2.地域社会から国際社会に至る多様な文化を持つ人々の生き方や価値観を尊重できる豊かな人間性を備える。
  3. 3.看護に必要な専門的知識および論理的思考を身につける。
  4. 4.看護を提供するための問題解決に向けての方略を選択し実践できる。
  5. 5.看護の基本技術を的確に実施できる。
  6. 6.コミュニケーション技法を用いて、対象者と信頼関係を築くことができる。
  7. 7.医療・保健・福祉のチームにおける各専門職種の専門性および役割を理解できる。
  8. 8.医療チームの中で他職種と有効かつ協力的にコミュニケーションをとり、専門職としての責任ある行動をとることができる。
  9. 9.地域的・国際的動向に関心をもち、それぞれの地域や国の文化を通して、医療・保健・福祉の課題と看護職者の役割を展望することができる。
  10. 10.自己の知識・行動・態度の客観的な評価に基づき、課題を見出し、主体的・創造的に取り組むことができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

「保健師助産師看護師学校養成所指定規則」に準拠した授業科目と本学が独自に設定した次の授業科目を組み入れた特色あるカリキュラムを編成します。

  1. 1.人間の多面的な理解を深めるための幅広い教養を身につける科目
  2. 2.医療専門職者として人の価値観を尊重できる態度と倫理観を育む科目
  3. 3.人間を取り巻く環境と健康に関わる医学・保健学・福祉学など近接学問領域の幅広い知識や技術を養成する科目
  4. 4.チーム医療に必要な知識と協働する力を養成する科目
  5. 5.看護学における専門知識と基本技術を養成し、論理的思考力や問題解決力を身につける科目
  6. 6.看護学の対象となる人間の成長・発達、療養環境に応じた看護の専門科目
  7. 7.国際的な視点から看護を探求し創造する力を育む科目
編成方針

教育課程を「基礎分野」と「専門基礎分野」、「専門分野」の3分野から構成する。
看護学の「人間」「健康」「環境」「看護」のメタパラダイム概念および人間の成長・発達、療養環境に応じた看護をもとに、これらの内容を含んだ科目を効果的かつ体系的に編成する。また、学年進行にともなって基礎分野から専門基礎分野、専門分野へと積み上がるように科目をバランスよく配置する。
看護実践能力を効果的に育成するために講義・演習・学外実習を織り交ぜた授業形態で編成する。また、段階的・発展的に看護実践能力を学修できるように各年次に学外実習を配置する。

実施方針

授業は、学習効率の向上、および、能動的学習態度の形成、コミュニケーション能力の育成などを目的として、講義の他に、グループ学習、問題基盤型学習、チーム基盤型学習など参加型学習方法を積極的に取り入れる。さらに、授業科目に関連する学識経験者などの招聘講義、当事者・模擬患者の授業参加を取り入れる。
学内演習は、シミュレーション教育を取り入れ、シミュレーター人形の活用、模擬病室(実習室)の設置などにより積極的に実践的学習方法を展開する。
学外実習は、臨地において知識・技術・態度の統合を図るため、教員・臨床指導者の指導のもとに看護実践を展開する。

成績評価方法

成績評価方法は、紙面での試験、レポート評価のほか、実技試験、学習態度の評価、ピア評価など多角的な視点で評価する。学外実習に関しては、対象の理解、看護技術の確実性、倫理に基づく看護実践についても評価する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

看護の実践者・研究者・教育者として活躍できる優れた看護専門職者(看護師・保健師・助産師)を育成します。
そのため、生命の尊厳や個人の権利・価値観を理解し、尊重できる「感性豊かで倫理観に富んだ人間性」と、高度化・複雑化する医療現場に対応できる「確かな看護実践能力」を育成します。
さらに、地域的・国際的な視野で医療・保健・福祉の課題を総合的に捉え、他職種と協働して、主体的・創造的に人々のquality of life(生活の質)の向上に寄与できる能力を育成します。
したがって看護専門職者として医療・保健・福祉などの分野に貢献しようとする意志を有し、以下の<必要な素養と能力>を有する人を求めます。

必要な素養と能力
知識・技能
  • 看護学を学ぶための高等学校卒業レベルの基礎的な学力がある。
思考力・判断力・表現力
  • 論理的に物事を考え、表現する力を身につけている。
主体性・多様性・協働性
  • 他者を理解し、協調しようとする姿勢を身につけている。
  • 看護専門職者になる強い意志を持ち、人間や健康に関心を持ち続けることができる。
  • 自らの目標達成のために努力しやり遂げる意志がある。

リハビリテーション学部

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

本学部所定のカリキュラムを修了するとともに、以下の資質を身につけた学生に卒業を認定し、理学療法学科では学士(理学療法学)、作業療法学科では学士(作業療法学)を授与します。

  1. 1.人々の幸福と健康に貢献するために行動する人間力を身につける。
  2. 2.リハビリテーションを実践するために必要な医学・医療・保健・福祉・行政などの知識を身につける。
  3. 3.効果的にリハビリテーションを実践するために必要な確かな技術を身につける。
  4. 4.チーム医療・地域医療を担う一員として、さまざまな専門職者のひとと連携・協力できる円滑なコミュニケーション能力を身につける。
  5. 5.ICU(集中治療室)をはじめとする急性期から施設・在宅の生活期に至る幅広い対象者の問題に向き合う対応力を身につける。
  6. 6.さまざまな臨床的課題を解決できる総合的実践力を身につける。
  7. 7.先駆的な研究・教育を展開できるように自分の能力を磨き、他者とともに自己を高めていく能力を身につける。
  8. 8.地域社会から国際社会に至る多様な文化や価値観を理解する豊かな人間性を身につける。

理学療法学科

理学療法学を修め、以下の能力を修得する。

  1. 1.自ら、理学療法と人間の生体反応を結びつけて考えることができる臨床推論力を修得する。
  2. 2.運動器、神経系、内部障害に対する理学療法の知識と技術を理解し、個々の対象者に応じて適用できる応用力を修得する。

作業療法学科

作業療法学を修め、以下の能力を修得する。

  1. 1.自ら、作業療法と人間の生活活動や心身機能を結びつけて考えることができる臨床推論力を修得する。
  2. 2.身体機能・精神機能・人間発達と関連づけて作業療法の知識と技術を理解し、個々の対象者に応じて適用できる応用力を修得する。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

「理学療法士作業療法士学校養成施設指定規則」に準拠した授業科目と本学が独自に設定した次の授業科目を組み入れた特色あるカリキュラムを編成します。

理学療法学科

  1. 1.理学療法士として必要な幅広い教養を培い人間性を育む科目
  2. 2.理学療法士としての基本的態度を修得する科目
  3. 3.理学療法を実践するために必要なひとを精神的・医学的に理解する科目およびさまざまな疾患・障害の知識を修得する専門基礎科目
  4. 4.効果的な理学療法の実践に必要な専門知識と確かな技術を修得するための専門科目
  5. 5.理学療法の専門的知識・技術を活かしチーム医療の中で連携協力し合う能力を培う統合科目
  6. 6.先駆的な理学療法学へ発展させる能力を培う総合科目

作業療法学科

  1. 1.作業療法士として必要な幅広い教養を培い人間性を育む科目
  2. 2.作業療法士としての基本的態度を修得する科目
  3. 3.作業療法を実践するために必要なひとを精神的・医学的に理解する科目およびさまざまな疾患・障害の知識を修得する専門基礎科目
  4. 4.効果的な作業療法の実践に必要な専門知識と確かな技術を修得するための専門科目
  5. 5.作業療法の専門的知識・技術を活かしチーム医療の中で連携協力し合う能力を培う統合科目
  6. 6.先駆的な作業療法学へ発展させる能力を培う総合科目

編成方針、実施方針、成績評価方法については、理学療法学科・作業療法学科、共通です。

編成方針

初年次前期には、大学での全教育課程を全うし医療専門職者となるために必要な基本的要素を修得する。教養を身につける科目、専門基礎科目、専門科目を原則的には初年次から4年次まで段階的に学ぶ。理学療法士・作業療法士の職業イメージを確立するための専門科目(病院などでの学外実習を含む)、また、病院などで他職種と連携協力し合う能力を培うためのチーム医療科目などは、初年次から4年次まで継続的に配置する。最終学年では、学修したすべての成果を総合し、卒業後も発展させていく能力を修得する総合科目を配置する。

実施方針

授業の実施形態としては、学修効率の向上、能動的学修態度の形成、コミュニケーション能力の育成などを目的として、講義の他に、グループ学習、問題基盤型学習、チーム基盤型学習など参加型学習(学生が主体的に学修する方法)を積極的に取り入れる。さらに、リハビリテーションに関連する施設や企業等の見学、学識経験者などを招いての講義、障害のある人・模擬患者の授業参加を取り入れる。

成績評価方法

成績評価方法は、紙面での試験、レポート評価のほか、実技試験、学修態度の評価、ピア評価(学生同士の評価)など多角的な視点で評価する。学外実習では、理学療法士・作業療法士として態度や人間関係のとり方、学修意欲についても評価する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

リハビリテーション専門職者(理学療法士・作業療法士)として社会に貢献する人を育成します。
そのために、人々の幸福と健康に貢献することができる人間力、理学療法学・作業療法学の知識・技術に基づく確実な臨床力、他職種と連携しながらリハビリテーション専門職として力を発揮することができる総合的実践力、そして、生涯にわたって自分の能力を磨き自己を高めていく能力・態度を育成します。
したがって、理学療法学科では理学療法士として、作業療法学科では作業療法士として、医療・保健・福祉などの分野に貢献しようという意志を有し、以下の<必要な素養と能力>を有する人を求めます。

必要な素養と能力
知識・技能
  • 理学療法学あるいは作業療法学を学ぶための高等学校卒業レベルの基礎的な学力がある。
思考力・判断力・表現力
  • 物事を論理的に考えるための基本的思考力がある。
  • 自分なりに物事を判断し、その理由を説明することができる。
  • 自分の気持ちや考えを人に伝えることができる。
主体性・多様性・協働性
  • 目的意識をもち続け自分から能動的に学修する。
  • 自分と異なる意見や気持ちをもっている人に関する興味と、そのような相手を理解しようとする姿勢をもっている。
  • 人とのコミュニケーションを大切にする。

大学院全体

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

学校法人兵庫医科大学の建学の精神ならびに本学の教育理念・目標のもとに、人間への深い愛と豊かな人間性を持ち、社会や医療分野におけるさまざまな課題を解決するための研究する心と力を修めた学生に、学位を授与します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

医療・保健・福祉などの分野におけるさまざまな課題を解決するための研究する心と力を修めることができるように、教育課程編成・実施の方針を定めます。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

医療・保健・福祉などの分野におけるさまざまな課題を解決するための研究する心と力を身につけたい志のある学生を求めています。
研究を修めるために必要な学力や主体性を、専門科目、外国語、面接などにおいて評価します。


薬学研究科

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

本研究科所定の単位を修得し、以下の目標を達成した学生の修了を認め、博士(薬学)の学位を授与します。

  1. 1.自立した薬学研究者として活動するために必要な専門的知識を有する。
  2. 2.学術論文等から修得した医療薬学に関する最先端の知識を基に、他者の研究を理解し、かつ批判的に吟味できる能力を有する。
  3. 3.医療の抱える問題点を自ら見出し、それに基づき検証可能な薬学的課題を設定する能力を有する。
  4. 4.薬学的課題を解決するために必要な技能と意欲を有する。
  5. 5.研究成果を論文などとして発表することができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

高度な研究能力を持つ医療専門職者、医療薬学における問題点を解決できる薬学研究者を養成するために、以下の3つの科目でカリキュラムを編成します。

  • 専門基礎科目:先端医薬学特論Ⅰ~Ⅳ
  • 専門演習科目:各専門演習Ⅰ・Ⅱ
  • 研究指導科目:医療薬学特別研究
編成方針

研究の実施に必要な基盤的な知識・技能・態度を修得させることを目的とする専門基礎科目や専門演習科目は低学年次に配置する。研究指導科目は、問題発見能力・課題設定能力・問題解決能力・情報発信力を含む幅広い研究能力を養成するための中心となる科目であるので、4年間にわたり配置する。

実施方針

コースワークとして実施される専門基礎科目や専門演習科目は、学生の広い視野を涵養するとともに学際的研究を可能にするため、本研究科の複数の教員が分担して実施する。リサーチワークとして実施される研究指導科目は、研究指導教員の指導の下に実施する。テーマの探索・設定、研究内容・計画の策定、研究の実施、研究成果の取りまとめ・公表を通じて、独立した研究者となるに十分な知識・技能・態度を修得する。

成績評価方法

成績評価は、授業・研究への積極的・能動的な取り組み姿勢と提出された成果物(レポート、研究成果論文など)の内容に基づいて科目責任者が行い、薬学研究科委員会で確認する。学位の認定においては、研究指導教員を除く複数の審査員から構成される学位論文審査委員会が公正な評価を行い、薬学研究科委員会で確認する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

本研究科の理念に共感し、高度な研究能力を有する医療専門職者、そして医療薬学の問題を解決したいと願う薬学研究者をめざす以下のような人材を求めます。

  1. 1.高度な研究能力を獲得する基盤となる薬学に関する基礎知識を有する人。
  2. 2.薬学に関する最先端の情報を獲得するために必要な外国語の能力を有する人。
  3. 3.医療の現場における問題点を明確化し、それを解決する研究能力を身につけたいという意欲を有する人。
入試との連関
  1. 1.専門科目:高度な研究能力を獲得する基盤となる薬学に関する基礎知識を判定する。
  2. 2.外国語:薬学に関する最先端の情報を獲得するために必要な外国語の能力を判定する。
  3. 3.面接:医療現場における問題点を明確化し、それを解決する研究能力を身につけたいという意欲を持っているかどうかについて判定する。

看護学研究科

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

本研究科所定の単位を修得し、以下の目標を達成した学生の修了を認め、修士(看護学)の学位を授与します。

看護学基礎研究領域

  1. 高い倫理観を基盤とした看護の高度な実践能力や研究者としての基礎的能力を有する。
  2. 医療・保健・福祉チームにおける連携・協働を促進する役割を果たすことができる。
  3. 国際的な視野に立ち看護の課題に取り組む姿勢を有する。

看護学課題研究・高度実践領域(CNS)

  1. 高い倫理観を基盤とした看護の高度な実践能力や研究者としての基礎的能力を有する。
  2. 専門看護師(CNS)に求められる「卓越した実践能力」「教育能力」「コンサルテーション能力」「コーディネーション能力」「研究能力」「高邁な倫理観」の6つの能力を有する。 

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

専門性を重視した教育・研究者の育成および高度看護実践者の育成をめざし、以下の3つの科目でカリキュラムを編成します。

  • 修士課程における共通科目
  • 看護学研究科共通科目
  • 看護学研究科専門科目
編成方針
  1. 1.修士課程における共通科目は、科学的根拠に基づいた医療・保健・福祉に関連する専門的知識の修得と高度実践への応用、先進医療に関わる最新の情報と課題の修得を目的として1年次に配置する。
  2. 2.看護学研究科共通科目は、各看護学分野、および看護学基礎研究領域と高度看護学課題研究・高度実践の領域を超えて必要な専門知識と研究・実践能力の修得を目的として1年次に配置する。
  3. 3.看護学研究科専門科目は、主要な概念・理論を探求する看護学特論、看護対象や援助の枠組みを探求する看護学援助特論、学内・臨地における体験を通じて専門的看護実践能力を高める看護学演習を配置する。
  4. 4.看護学基礎研究領域では研究能力育成のために看護学特別研究を配置する。
  5. 5.看護学課題研究・高度実践領域(CNS)では専門看護師としての看護実践能力・役割を修得するための実習および看護実践の質向上を探求する看護学課題研究をそれぞれ配置する。
実施方針

コースワークとして実施される共通科目や専門科目における講義科目は、学生の広い視野を涵養するとともに教育・研究者の育成および高度看護実践者の育成のため、双方向・多方向の講義形態を用いる。
リサーチワークとして実施される専門科目は、研究指導教員の指導のもとに実施する。研究課題の明確化と研究テーマの設定、研究計画に基づく実施データの分析と考察、論文の作成と公表を通じて、研究者となるに足る知識・技術・態度を修得する。
また、看護学課題研究・高度実践領域における専門看護師(CNS)養成は、専門看護師としての高い専門性と優れた看護実践能力を修得するとともに、看護実践の質向上を探求する看護学課題研究を修得する。

成績評価方法

成績評価は、授業・研究への積極的・能動的な取り組み姿勢と提出された成果物(レポート、研究成果論文など)の内容に基づいて科目責任者が行い、看護学研究科委員会で確認する。学位の認定においては、複数の審査員から構成される学位論文審査委員会が公正な評価を行い、看護学研究科委員会で確認する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

生命と人権を尊重し、医療・保健・福祉および社会の変動に対応し、創造的かつ科学的に看護が実践できる能力をもち、人々の健康とquality of lifeの向上および看護学の発展に寄与できる高度専門職業人、研究者、教育者、管理者を育成します。本研究科では、以下のような人材を求めます。

  1. 1.主体的に学び、目標に向かって邁進できる人。
  2. 2.看護専門職者として高度看護実践・看護学の発展に貢献する意欲を有する人。
  3. 3.志望する専門分野に必要な基礎的知識と技術を有する人。
  4. 4.国際的視野に立ち、柔軟な発想ならびに論理的思考で課題を探究する姿勢を有する人。
  5. 5.倫理的な感受性と想像力をもって行動できる人。
入試との連関
  1. 1.専門科目:志望する分野の専門的知識と専門分野の動向と現状の理解と課題を明確にできる能力を判定する。
  2. 2.外国語:最新の知見を各種論文から読み取るための能力を判定する。
  3. 3.面接:志望動機、学修準備状況、自主性、学習意欲、心構えを判定する。

医療科学研究科

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

本研究科所定の単位を修得し、以下の目標を達成した学生の修了を認め、修士(医療科学)の学位を授与します。

リハビリテーション科学研究コース

  1. 1.リハビリテーション科学を究め、広めるために必要な知識および実践力の基礎的能力を有する。特に、研究倫理に関しては、十分な知識および高い倫理意識を有する。
  2. 2.臨床経験および先行研究をもとに、研究疑問を焦点化する能力を有する。
  3. 3.研究疑問を解決するための適切な過程を決定し、実施する能力を有する。
  4. 4.実施した研究を適切な文章、および、効果的なプレゼンテーションを用いて他者に説明する能力を有する。
  5. 5.常にリハビリテーション科学および関連領域の先駆的知識を理解する姿勢を有する。
リハビリテーション科学課題研究コース
  1. 1.リハビリテーション科学を究め、広めるために必要な知識および実践力の基礎的能力を有する。特に、研究倫理に関しては、十分な知識および高い倫理意識を有する。
  2. 2.臨床経験および先行研究をもとに、臨床的課題を焦点化し、その課題を解明する科学的根拠を推論する(臨床的推論)能力を有する。
  3. 3.臨床的推論に基づいて介入した症例を通して、介入前後の変化を客観的に評価する能力を有する。
  4. 4.臨床的課題を解明する過程を適切な文章、および、効果的なプレゼンテーションを用いて他者に説明する能力を有する。
  5. 5.常にリハビリテーションの臨床的課題を探求し解明しようとする姿勢を有する。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

専門性を重視した教育・研究者の育成および高度医療専門職の育成をめざし、以下の3つの科目でカリキュラムを編成します。

  • 修士課程における共通科目
  • 医療科学研究科専門基礎科目
  • 医療科学研究科専門科目
編成方針
リハビリテーション科学研究コース
  1. 1.共通科目・専門基礎科目を主に1年次に配置する。
  2. 2.教育論(養成教育・臨床教育)、統計学等の研究者・教育者志向をめざした科目を2年次前期までに配置する。
  3. 3.在籍期間を通じて研究活動を展開する。
  4. 4.社会人大学院生に配慮したカリキュラム編成をする。
リハビリテーション科学課題研究コース
  1. 1.共通科目・専門基礎科目を1年次に配置する。
  2. 2.臨床能力向上を目的とした科目を2年次前期までに配置する。
  3. 3.在籍期間を通じて臨床研修ならびに課題研究を実施する。
  4. 4.社会人大学院生に配慮したカリキュラム編成をする。
実施方針

コースワークとして実施される共通科目、専門基礎科目ならびに専門科目は、学生の広い視野を涵養するとともに学生相互の意見交換を重視するため、双方向・多方向の講義形態を用いる。リサーチワークとして実施される研究科専門科目は、研究指導教員の指導を中心に、各研究領域に所属する全ての教員・大学院生を含めた意見交換を通じて実施する。

成績評価方法

成績評価は、授業・研究への積極的・能動的な取り組み姿勢と提出された成果物(レポート、研究論文など)の内容に基づいて科目責任者が行い、医療科学研究科委員会で確認する。学位の認定においては、複数の審査員から構成される学位論文審査会において公正な評価を行い、医療科学研究科委員会で確認する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

高度な研究能力を有する医療専門職者ならびに高度な実践能力を有する医療専門職者を強くめざす以下のような人材を求めます。

  1. 1.自ら積極的に学び、目標に向かって邁進できる人。
  2. 2.自らの臨床的知識・技能を積極的に高めたいという意欲を有する人。
  3. 3.先駆的・学際的・発展的研究に取り組み、医療科学の発展に寄与する姿勢を有する人。
  4. 4.自らが修得した臨床的知識・技術、発展的知見を臨床実習教育・新人教育を通じて後進へ伝え、専門職業人としての発展に寄与しようとする人。

リハビリテーション科学研究コース

  1. 1.リハビリテーション科学領域において、先駆的・学際的・発展的な研究を展開しようとする志向性を有する人。
  2. 2.将来、本領域において研究・教育を牽引していく意欲を有する人。

リハビリテーション科学課題研究コース

  1. 1.自らの臨床的知識・技術を積極的に高めたい人。
  2. 2.本研究科で培った臨床的知識・技術を活用してリハビリテーション医療の向上に貢献しようとする人。
入試科目との連関
  1. 1.専門科目:各専門領域に関する基礎的な知識を判定する。
  2. 2.外国語:最新の知見を各種論文から読み取るための能力を判定する。
  3. 3.面接:主体的・協調的に研究活動に取り組もうとする姿勢を判定する。