メニュー
閉じる
大学案内

学長あいさつ

藤岡学長

医療を社会に活かすことのできる
次代の中核的医療人を育成する

本学は、兵庫医科大学の兄弟校として2007年に設立されました。開学当初から、医療現場における多職種連携の中核を担える質の高い医療人育成を掲げ、同一法人内の兵庫医科大学、兵庫医科大学病院、および、ささやま医療センターとの緊密な連携のもと、臨床を重視した教育を実践しています。本学の3学部に兵庫医科大学 医学部を加えた4学部合同で講義やグループワークを行うなど、学生のうちから将来の多職種連携を見据えた授業も行っています。これらの学びを通じて、次代を担う医療人としての知識や技術はもとより、各医療専門職者ならではの視点や考察力を身につけ、専門性を活かした医療を実践する力と、コミュニケーション力を育みます。

医療は、医学の発展や社会の変化に応じて進化します。大学卒業後も、常に新しい知識や技術を学び続けなければなりません。学びを継続できる基礎力と自主性を身につけた学生を社会に送り出すことが、本学の使命だと考えています。そのためにも、学生一人ひとりに寄り添った丁寧な指導を心がけています。また、発展的教育として、教員が地域社会で実践する健康支援に関連した活動や研究に学生が参加することもできます。学生は社会的視点を学ぶとともに、研究に取り組むことも可能です。

ぜひ、兵庫医療大学で学び、「医療を社会に活かすことのできる中核的医療人」へ成長していただきたいと思います。

学長 藤岡宏幸