メニュー
閉じる
大学案内

学長あいさつ

馬場学長

次代を担うリーダー医療人への夢
―「兵庫医療大学× 兵庫医科大学」で実現します―

兵庫医療大学は、兄弟校の兵庫医科大学、兵庫医科大学病院・同ささやま医療センターとの密接な教育連携をもとに、これからの医療に求められる“チーム医療”教育を、臨床の場において実践できる、わが国でも数少ない医療総合大学です。兵庫医科大学医学部と本学の3学部の学生が学部混成チームを作りグループワークをする「チーム医療教育」は、多職種者からなる医療の場を、体感し学ぶことの出来る代表的な教育プログラムです。加えて、各学部の専門性に裏付けられた高度な医療科学・医療技術の包括的教育は、「兵庫医療大学×兵庫医科大学」の教育連携のもとに、本学の特色である臨床重視の医療教育を可能にしています。

本学は、開学以来10年、医療総合大学として順調に成長を続けています。わが国が向かう少子高齢化社会での医療に、果敢に挑戦し、解決に導くリーダー医療人を育成します。医療人として、社会に貢献し、併せて、自己実現を果たしたいと考えている受験生諸君、本学で、その夢の実現への第一歩を踏み出そう。

学長 馬場明道

学長 馬場明道(ばばあけみち)のプロフィール

  • 昭和44年大阪大学薬学部卒業、49年同大学院薬学研究科修了
  • 大学院修了後、助手、助教授を経て、平成3年薬学部教授に就任、平成22年の定年退職まで、36年間にわたり大阪大学薬学部・薬学研究科で薬学一筋に教育研究を行う。大阪大学名誉教授。
  • その間、大学院重点化と薬学6年制移行時の2時期に薬学部長・研究科長。国立大学法人化に際し、総長補佐、理事・副学長として大学の管理運営に参画。
  • 日本薬理学会理事長、日本薬学会副会頭をはじめ、多くの関連学会の理事として学会運営に貢献。日本学術会議連携会員も歴任。
  • 現在、大阪府薬事審議会会長として、行政にも参画。

専門は、神経薬理学。「脳機能、特に精神系の疾患・病態の分子神経機構の解明と新規創薬標的分子の探索」、をメインテーマに研究。兵庫医療大学に赴任後も、大阪大学の元研究室と共同研究を継続している。
日本薬学会賞受賞。
趣味は、テニス、読書とクラシックギター。