メニュー
閉じる

2021年度放射線教材コンテストにて薬学部生が優秀賞及び特別賞を受賞

2022.1.7

日本科学技術振興財団が主催する2021度放射線教材コンテストにて98演題の応募作品より山本直輝君(薬学部5年)が優秀賞及び日本理化学協会特別賞を受賞しました。本コンテストへは昨年度に引き続き、2度目の受賞となりました。今回は放射線・放射能の物理的性質について身体的影響や放射性医薬品との関連性をカードゲーム形式にて学習できる教材を考案し、本学における放射線教育への取り組みを紹介しました。発表会及び表彰式は12/26に科学技術館(東京都千代田区)にて行われ、学生らによる教材開発への取り組みについての説明と実演が行われ、その様子はオンラインにて全国へ配信されました。なお、本研究は2021年度兵庫医療大学地域交流プロジェクトの助成を受けて実施されました。

研究テーマカードゲームで学ぼう放射線・放射能!!
共同研究者山本 直輝(薬学部5年)、船越 司(薬学部5年)、涌水 章史(薬学部5年)、山本 拓夢(薬学部5年)、藤野 秀樹(薬学部准教授)
受賞者のみなさん(左から)山本直輝さん、船越司さん、涌水章史さん
特別賞
優秀賞