メニュー
閉じる

坐骨神経傷害からの回復にTRPV4イオンチャネルが関わることを発見

2020.11.27

体内の電気信号を伝えるために重要な髄鞘が損傷を受けた時、どのようにそのダメージから回復するのか、その詳細なメカニズムは分かっていません。
今回、自然科学研究機構 生理学研究所(生命創成探究センター)の富永真琴教授は高山靖規昭和大学講師や大野伸彦生理学研究所客員教授(自治医科大学教授)、本学神田浩里助教、本学戴 毅教授との共同研究で、TRPV4と呼ばれるイオンチャネルが坐骨神経損傷後の回復に関わっていることを明らかにしました。神経傷害後に局所でTRPV4を活性化することで損傷からの回復を早めることができると推定されます。
本研究結果は、Communications Biology(Nature 姉妹紙)に掲載されました。

詳細は下記をご参照ください。

  • https://www.nips.ac.jp/release/2020/11/trpv4.html