メニュー
閉じる

【在学生の皆様へ】対面授業増加に向けての感染予防と新しい生活様式について

2020.11.9

在学生の皆さんへ

11月9日より対面授業が増えます。
そこで、再度、感染予防について、そして新しい生活様式について、注意を喚起いたします。

学生委員会・保健室が伝えたいこと
感染予防に留意して充実した大学生活を送りましょう!

毎日、多くの学生や教職員が広い地域から集まる場所である大学は,感染リスクが比較的高い場所といえます。しかし、医療者を目指す学生の皆さん一人ひとりが、責任をもって適切な感染予防措置を講じることでリスクを抑え、十分な学びを行い、充実した大学生活を送ることができます。
大学は皆さんが安全で充実した学生生活を送ることができるように支援します。
感染予防に関する情報は、保健室から学生向けの電子掲示板やMoodleを利用して発信しています。
一人ひとりの節度ある行動が、自分自身と周囲の方々を守ることに繋がります。保健室から発出している「登校時の感染予防対策について」を再度よく読んで感染対策を行ってください。

 

大学は感染予防措置のガイドラインを定めています

  • 大学に来る前には健康チェックを行ってください。
  • 教室の座席は間隔をあけた指定席として定期的な換気を行なっています(密閉、密集、密接の3密回避)。
  • 大学施設全般にわたって適切な消毒作業を随時行っています。

 

感染予防と対面授業両立のために、各自が適切な行動をしてください

  • 自身の健康管理をしてください(毎日の検温と健康チェック表の記入)。
  • 手洗い、手指消毒、マスク着用などの適切な感染予防策を実施し、3つの密を避けてください。
  • 体調不良と感じた時には無理をせず、保健室にも報告して下さい。

 

感染の危険性が高いのは休み時間

休み時間、昼休憩、放課後が最も感染の危険性が高いと考えられます。

  • できるだけマスクを着用してください。
  • 食事中は大声で会話せず、食事が終わったら速やかにマスクを着用して下さい。
  • ロッカー室や各ラウンジを利用する際も、感染予防に心がけて下さい。

 

通学の際も、感染しない/させない

大学に登下校の際もマスクを着用し、3密を避けて大声で会話しないようにして下さい。
特に、公共交通機関は混雑するので注意をしてください。

 

学生委員会
監修:保健管理センター