メニュー
閉じる

【新入生・在学生の皆様へ】緊急事態宣言発出を受けて

2020.4.10

学生部長

4月8日から5月6日の期間、日本政府から兵庫県を含む複数の都道府県に緊急事態宣言が発出されました。
本学としても、2月以降、幾度となく対策を講じてきましたが、刻一刻と変わる状況に、なんども方針変更を余儀なくされ、学生の皆さんにとっても先行きの不安が生じていたことと思います。
この状況をもう一度整理し、学生の皆さんと一緒に、どのような行動をとるべきか?について考えてみたいと思います。
様々な対応については、学生生活ハンドブックやホームページ、Web掲示などを確認して下さい。 そして、もし不安なことがありましたら、担任やアドバイザーの先生方など所属する学部の教員ならびに各担当部署に聞くようにして下さい。

そして学生の皆さんには、再度、以下の行動をとって下さい。

  • 不要不急の外出を控える
  • 感染予防の方策をとる
  • 「密閉」「密集」「密接」の三密の環境を避ける

緊急事態宣言発出の理由

ではなぜ、緊急事態宣言が出されたのでしょうか?新型コロナウイルスは…

  • 誰も免疫を持っていない
  • 予防に必要な、ワクチンがない
  • 感染した場合、効果的な薬がない
  • 容易に感染する
  • 感染し、重症化すると「死」に至る

からです!

想像してみて下さい。

  • 自分が感染する
  • 自分の大事な人や他の誰かに感染させる
  • 感染した人が命を落とす

だからこそ、次の行動を徹底して下さい。

もう一度言います!

  • 不要不急の外出を控える
  • 感染予防の方策をとる
  • 「密閉」「密集」「密接」の三密の環境を避ける

さて、みなさんの行動を決めるための3つの要素があります。
それは「知識」「想像力」「自律心」です。

気をつけて欲しいのは、「知識」や「想像力」はあればあるだけ増えていきます。しかしながら、自律心がマイナスだと、マイナスの行動を取ってしまいます。「これくらい大丈夫だろう」「自分だけなら問題ないだろう」と自身の行動に言い訳ばかりを付け加えてしまいます。
大学生として、確かな知識に基づき、自身の行動の結果を適切に予測し、自分の行動や心をコントロールして、この緊急事態を乗り切っていきましょう!

ただ、このような時期に大学生活を送るにあたって心配なこと、不安なことは、一人で抱えずに、教員や担当部署に問い合わせて下さい。
正常な大学生活が戻ることを祈りつつ、みなさんの不安を解消するためにサポートしていきたいと考えています。

大学生活に関する質問窓口

すでにホームページやWeb掲示にて連絡されているものもあります。学生生活ハンドブック、ホームページ、Web掲示も確認してください。

健康に関すること

  • 障がい等に関する配慮等の相談→担任・アドバイザー教員
  • その他 心配事の相談→学生相談室(学生生活ハンドブックP60)

教育に関すること

  • オンライン講義について→担任・科目担当責任教員・アドバイザー教員
  • 学業について→担任・科目担当責任教員・アドバイザー教員
  • 実習について→担任・科目担当責任教員・アドバイザー教員

学生生活に関すること

  • 奨学金について→学生支援課(学生生活ハンドブック P54~59)

※「経済状況が悪化したので奨学金を使いたい」等、ご相談ください。

就職支援に関すること

  • キャリアデザインセンター(学生生活ハンドブック P65~66)