メニュー
閉じる

清水忠 准教授(薬学部)がリメディアル教育学会 第14回全国大会にて大会発表優秀賞を受賞

2018.10.4
清水忠 准教授(薬学部)

清水忠准教授(薬学部)がリメディアル教育学会 第14回全国大会にて大会発表優秀賞を受賞しました。
薬学生が基礎薬学科目に対する学習意欲が低下してしまう一因として、臨床との関連が見出せない点が挙げられます。
本発表では、1年次前期必修科目「新・薬学入門Ⅱ」において、チーム基盤型学習形式で行った授業デザインの概要と受講生の知識習得度および学習意欲の評価を行い、高校化学や大学で学習する有機化学が薬学臨床に活かせること受講生に意識づけられることを報告しました。

 

研究テーマ

「高校化学と薬学臨床をつなぐ薬学部初年次における有機化学導入教育の実践」

研究スタッフ

清水忠(兵庫医療大学)、西村奏咲(武庫川女子大学)、大原隆司(兵庫医療大学)