メニュー
閉じる

薬学部吉岡英斗助教・川島祥助教・甲谷繁教授・宮部豪人教授らの研究成果がアメリカ化学会雑誌「The Journal of Organic Chemistry」誌に掲載

2018.10.3

概要

兵庫医療大学薬学部の吉岡英斗助教、川島祥助教、甲谷繁教授、宮部豪人教授らの研究成果が、有機化学における世界で権威あるアメリカ化学会雑誌のひとつ「The Journal of Organic Chemistry」誌に掲載されました。本論文は、金属触媒を用いない環境に優しい有機合成反応として、有機光触媒や有機カルベン触媒を用いた化学選択的な酸化反応を開発したものです。研究グループは同論文の中で、有機光触媒としてRrhodamine 6Gを用いたシンナムアルデヒド類のC=C結合の選択的酸化法と有機光触媒Rrhodamine 6Gと有機カルベン触媒NHCの協働作用によるシンナムアルデヒド類のホルミル基の選択的酸化法を報告しています。

論文題名

Oxidative Functionalization of CinnamaldehydeDerivatives: Control of Chemoselectivity by Organophotocatalysis and Dual Organocatalysis

Eito Yoshioka, Maika Inoue, Yuka Nagoshi, Ayumi Kobayashi, Rumiko Mizobuchi, Akira Kawashima, Shigeru Kohtani, and Hideto Miyabe*
School of Pharmacy, Hyogo University of Health Sciences, Minatojima, Chuo-ku, Kobe 650-8530, Japan

J. Org. Chem. 2018, 83(16), 8962−8970.
DOI: 10.1021/acs.joc.8b01099