リハビリテーション学部


理学療法士と作業療法士の違いについて

病気や事故などで心身に障がいを負った人に対し、身体的精神的な側面から機能回復を図るための処置を施し、サポートしていく医療専門職者が、理学療法士と作業療法士です。

理学療法士は、主に「歩く」「立つ」「座る」といった人間の基本的な身体動作を、“物理療法”や“運動療法”を用いて機能回復に導きます。

一方、作業療法士は日常生活に必要な細かな動作、例えば爪を切る、歯を磨く、お箸をもつといった作業を改善・回復するため、“陶芸”や“織物”、“木工”等を通して筋肉や関節の動きを増強したり、精神的な緊張をほぐすことで機能回復および社会復帰をサポートします。
まず理学療法によって基本的動作の回復を行い、そのあと作業療法を用いて応用的な作業の改善を行っていくケースも少なくありません。

理学療法と作業療法では学ぶ分野において重なる部分も多いですが、理学療法は機械を使用する物理療法が含まれること、作業療法には精神や発達、老齢期の障がい分野も加わり、より“こころ”を重視する点において異なってきます。
詳しくは、各学科ページをご覧ください。

リハビリテーション学部 学部長ご挨拶